誉めると遅れるの定石に限界を感じる近年

どちらかと言うと手厳しく怒鳴られ、はったおされながら育ったわたしにとって誉めて引き伸ばすという訓練に基本から応戦があったのかもしれません。

それはわが輩に対してもそうですし、現場一種の人材教育にも当てはまります。

三男が一所懸命描いたイラストを『もの凄く得手!お洒落ね!』と讃えるのですが、のちが途切れるんですね。
現場の後輩にも『さあ!やったじゃん!出かした!』と凄まじい意欲で讃えるのですが、そこまでなんですよ???。

実質、自分の不調なんですが、ボキャブラリーが足りないというか、いざというときにあちらが『有難う!次回も頑張ります!』とボルテージみたいな力を引き出せるワンポイントが出ないんですよね。今の最大の恐怖でして、わたくし磨きに余念がありません。

自己啓発読物を読んだり、ネットで調べたりと努力するのですが、何となく思うようにいきません。あちらが人物なのでこうあるべきという図形が生じるわけではないと思いますが、ソリューション探し出しにやきもきしてある。

あちらを思いやり大事にする心的が育てて引き伸ばすカギなんでしょうね。お金 必要