結局は二この世も三この世も同じハンデを有する

よく役者や芸能人などの世界では二一般、三世の方々が活躍しています。歌舞伎なんかは押しなべてそのような中での事情ですし、親がやるために小さい頃から影響を受けて夢見ることも多くてもちろんなのかもしれません。
ただ、そのような場合には親の七光りですとか言われて比べられることも少なくありません。それは芸能界だけの話ではないと思います。世襲で社長になったり、親の拠点を引き継いで議員に繋がるケースもよくある話です。
二一般、三一般というのも結局は有利な一部分と困難一部分と同じくらいあるのではないかと思います。なので、親の呼び名を武器として存分に利用することはふさわしいと思っています。貧乏時代のお話を洒落にして笑わせるアイドルと同じようなもので、自分の秘めるものをみんな出して利用するのは当たり前だと思うのです。二一般には二世のハンデがあり、何も結び付きの乏しい輩にはそれなりの見比べられなかったりという任意さがあるはずです。そんなふうに考えると、誰もが同じ土俵に立っているのかもしれません。http://www.booking-entertainment.net/