数億円程度のお金を貯めてだけでは多くの人たちから見てもお金持ちとはよべないのです

多くの人が考えるお金持ちとは田園調布三丁目に邸宅を構えることができた人や松蔭に邸宅を構えることができた人たちのような本当に使えるお金をもっている人たち指すのだと思います。

つまり、株式雑誌などに掲載される一億円程度をたまたま稼いだだけの投資家というのはこの類ではないのです。ただ、一億円の金融資産を持つということはに若い普通の能力しかない人がほぼ不可能です。

しかし、株式投資で一億円以上もうけることができた人というのは自分とほとんど変わらないようなさえない小市民にもかかわらず、何らかのきっかけで金融資産を増やすことができたような人たちなので、読者にとっても別次元の人ではなく遠い親戚のような感覚なのです。

ですから、彼らが食事をするのも株主優待だけであったり、インターネットオークションで株主優待の品を売る行為が多くの読者に共感を与えるのだと思います。

つまり、数億円程度のお金を貯めてだけでは多くの人たちから見てもお金持ちとはよべないのです。一番人気酵素水